目次

『ワイルド・スピードシリーズ』 レビュー(感想)と考察

ワイルド・スピード

ポスター画像出典:『Amazon

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

ワイルド・スピード SKY MISSION』( – スカイ・ミッション、原題: Furious 7、別題: Furious SevenFast 7Fast & Furious 7)は、2015年公開のアメリカ合衆国カーアクション映画ワイルド・スピードシリーズ第7作。

時系列では、前作『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013年)→第3作『ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT』(2006年)→本作の順となり、『X3 TOKYO DRIFT』の終盤と本作序盤が時期として重なっている。

本作のクランクアップ前にブライアン・オコナー役のポール・ウォーカーが交通事故により逝去したため、一部の登場シーンはCGによる合成及びポールの弟(カレブ・ウォーカーとコディ・ウォーカー)が代役を務めたことで撮影を終えた。また、これを受けて本編の最後の演出が書き直され、最後に「FOR PAUL(ポールに捧ぐ)」のメッセージが捧げられている。

 

監督 ジェームズ・ワン
脚本 クリス・モーガン
原作 キャラクター創造
ゲイリー・スコット・トンプソン英語版
製作 ヴィン・ディーゼル
ニール・H・モリッツ
マイケル・フォトレル
製作総指揮 サマンサ・ヴィンセント
出演者 ヴィン・ディーゼル
ポール・ウォーカー
ミシェル・ロドリゲス
ジョーダナ・ブリュースター
ドウェイン・ジョンソン
タイリース・ギブソン
クリス・“リュダクリス”・ブリッジス
ナタリー・エマニュエル
カート・ラッセル
エルサ・パタキー
ジャイモン・フンスー
トニー・ジャー
ロンダ・ラウジー
ジェイソン・ステイサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

音楽、水着、暴走。夏の解放感にピッタリの映画。このシリーズが放映されるときは、映画館が普段映画館に来ないような人で溢れる。多くの人に訴求し、心底にある欲求を刺激する映画だ。

 

ワイルド・スピード SKY MISSION

シリーズの序盤で主演を務めたポール・ウォーカーが死んだ。事故死だ。人間の死は虚無であり悲しい。だが、それを『虚しくてたまるか』と叫ぶ人間の意地に心を打たれて、私はしばらく席から離れられなかった。このシリーズは一度ここで、完結したのだ。

 

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『Amazonプライム』の2.5万本の5倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO

作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。

どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『感動・涙腺』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『真夏・快晴』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『爽快』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『エンドロールが流れてもすぐ席を離れられなかった映画』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』