目次

『スクール・オブ・ロック』 レビュー(感想)と考察

スクール・オブ・ロック

ポスター画像出典:『映画.com

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

 

スクール・オブ・ロック』(School of Rock)は、2003年アメリカ合衆国ミュージカルコメディ映画。監督はリチャード・リンクレイター、出演はジャック・ブラックジョーン・キューザックなど。 一流小学校の教師になりすました売れないロックミュージシャンが、厳格な校風のせいで頭が固くなった小学生たちを、ロックを通じて自由に目覚めさせていく姿を描いている 。

 

監督 リチャード・リンクレイター
脚本 マイク・ホワイト
製作 スコット・ルーディン
製作総指揮 スコット・アヴァーサノ
スティーヴ・ニコライデス
出演者 ジャック・ブラック
ジョーン・キューザック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

もしこの映画のタイトルやジャケットを見て何らかの『距離』を覚える人がいれば、その感覚は錯覚だったことを知るだろう。予期せぬところで最高の出会いがある。それが映画鑑賞の醍醐味の一つだ。主役の彼の熱量と歌唱力、そしてユーモアのセンスが、この映画のクオリティを何段階も引き上げている。

 

 

『この映画のジャンル』

『芸術・創造』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『爽快』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』