目次

『セブン・シスターズ』 レビュー(感想)と考察

セブン・シスターズ

ポスター画像出典:『映画.com

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

セブン・シスターズ』(原題: What Happened to Monday、別題: Seven Sisters)は、2017年制作のイギリスアメリカ合衆国フランスベルギーSF映画

ノオミ・ラパスが7つ子の姉妹を1人7役で演じている。

 

監督 トミー・ウィルコラ
脚本 マックス・ボトキン英語版
ケリー・ウィリアムソン
製作 ラファエラ・デ・ラウレンティス
ファブリス・ジャンフェルミ
フィリップ・ルスレ
製作総指揮 ティエリー・デミシェル
ガイ・ストーデル
出演者 ノオミ・ラパス
グレン・クローズ
ウィレム・デフォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

普通、この手のSFものはB級作品になりがちである。だが、そうはならない。主役の彼女がこの難しい役を見事の演じ切り、展開、音楽、シナリオのクオリティの高さと相まって、とても見応えのある緊張感を作り出している。主役をトム・クルーズが務めていてもおかしくない設定だ。そして教訓性も高い。これは、単なるSFの中の妄想物語ではない。

 

 

『この映画のジャンル』

『教訓』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『女性』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』