目次

『あと1センチの恋』 レビュー(感想)と考察

あと1センチの恋

ポスター画像出典:『映画.com

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

あと1センチの恋』(原題: Love, Rosie)は、2014年イギリスドイツ合作の恋愛映画

 

監督 クリスチャン・ディッター
脚本 ジュリエット・トウィディ
原作 セシリア・アハーン
『愛は虹の向こうに』
製作 サイモン・ブルックス
ロバート・カルツァー
製作総指揮 マーティン・モスコウィック
出演者 リリー・コリンズ
サム・クラフリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

失ってから気付くことは多い。私も父親を早くに亡くし、私の身近にいる知人は幼少期に兄を亡くした。そういう例は周りにいくつもあって、中にはいまだにその『空いた穴』を塞ぐことで精いっぱいの人もいる。我々は失ってから気付く、愚かな生き物だ。だが、それでも生きている限りは、何度でもやり直せる。人間、自分に素直に生きるということに、遅すぎるということはないのだ。

 

 

『この映画のジャンル』

『純愛』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』