Contents

『マルタの鷹』 レビュー(感想)と考察

マルタの鷹

ポスター画像出典:『Amazon.co.jp

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

マルタの鷹』(マルタのたか、The Maltese Falcon)は、1941年アメリカ合衆国ミステリ映画。 ダシール・ハメット同名探偵小説ジョン・ヒューストンの脚本・監督で映画化。 出演はハンフリー・ボガートメアリー・アスターなど。 同じ原作の3度目の映画化であり、その中で最も有名な作品である。また、ヒューストンの監督デビュー作でもある。ハードボイルドの古典である原作を忠実に映像化し、いわゆるフィルム・ノワールの古典と目されている。

 

監督 ジョン・ヒューストン
脚本 ジョン・ヒューストン
原作 ダシール・ハメット
製作総指揮 ハル・B・ウォリス
出演者 ハンフリー・ボガート
メアリー・アスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

ロドス及びマルタにおけるエルサレムの聖ヨハネ病院独立騎士修道会、通称マルタ騎士団は、キリスト教カトリックの騎士修道会である。歴史的な背景が深くて中々興味深い。十字軍、スペイン、ナポレオン。これだけの有名なメンツが関係するそのマルタ騎士団にはある秘密がある。それが『莫大な資産価値のある鷹の置物』だ。何億か、何十億か、現在の価値に換算するとどれほどになるのか。その鷹を巡って様々なトラブルが起きてしまうことになる。

 

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』