Contents|目次

『ある少年の告白』 レビュー(感想)と考察

ある少年の告白

ポスター画像出典:『映画.com

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

ある少年の告白』(あるしょうねんのこくはく、Boy Erased)は、2018年アメリカ合衆国青春映画。監督はジョエル・エドガートン。出演はルーカス・ヘッジズニコール・キッドマンラッセル・クロウら。

 

監督 ジョエル・エドガートン
脚本 ジョエル・エドガートン
原作 ガラルド・コンリー英語版
Boy Erased: A Memoir
製作 ジョエル・エドガートン
スティーヴ・ゴリン
ケリー・コハンスキー・ロバーツ英語版
出演者 ルーカス・ヘッジズ
ニコール・キッドマン
ラッセル・クロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

同性愛というのは、稀な存在である。同時に不思議で、実態が見えずにいて、当時はそれだけの理由で刑務所に入れられることも多々あった。イギリスなどでは特にそうだ。聖書を重んじる人にも毛嫌いする人が多い。私の母も美輪明宏、瀬戸内寂聴と聞いただけで差別的な相槌を打ったので、私と口論になったことがある。前者が性別不合で、後者が自分とは違う宗教の人間だからだ。

 

だからこそ、実態が見えづらい。つまり、私の母のような差別的な人間、そしてこの主人公の彼のような視野を持った人間は大勢いて、それが往々にして、性格的に偏っていて未熟である。ジャッジする人間が未熟なのだ。結局、彼らの存在が良いのか悪いのか、よく分からないという人が大勢いるのである。

 

しかし、私はただそれだけという理由では決めつけない。私が無宗教を貫くのも、偏った器の小さい人間になりたくないからだ。では、理解者なのか。そうとも言えないだろう。しかしこのような映画を通して真剣に考えることはできる。

 

 

『この映画のジャンル』

『性別不合・同性愛』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』