Contents|目次

『ジュディ 虹の彼方に』 レビュー(感想)と考察

ジュディ 虹の彼方に

ポスター画像出典:『映画.com

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

ジュディ 虹の彼方に』(ジュディ にじのかなたに、Judy)は2019年イギリスアメリカ合作のジュディ・ガーランド伝記映画。監督はルパート・グールド英語版、主演はレネー・ゼルウィガーが務めた。本作は2005年に初演されたピーター・キルター英語版脚本の舞台劇『エンド・オブ・ザ・レインボー英語版』を原作としている。

ゼルウィガーは全ての歌唱シーンを本職の歌手による吹き替えなしでこなしており、その演技はキャリアベストと絶賛されている。

 

監督 ルパート・グールド英語版
脚本 トム・エッジ
原作 ピーター・キルター英語版
エンド・オブ・ザ・レインボー英語版
製作 デヴィッド・リヴィングストーン
製作総指揮 ミッキー・リデル
リー・ディーン
チャールズ・ダイアモンド
エリス・グッドマン
アーロン・レヴェン
ローレンス・マイヤーズ
キャメロン・マクラッケン
アンドレア・スカルソ
ピート・シレイモン
出演者 レネー・ゼルウィガー
ルーファス・シーウェル
マイケル・ガンボン
フィン・ウィットロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

1939年の『オズの魔法使』スターになったジュディ・ガーランド。しかし、彼女は金欠、薬物依存、そして鬱病にも似た神経症に悩まされていた。子供はいるが、離婚の数も多い。スター時代が第二の人生なら、これは彼女の第三の人生だ。『ラチェット効果』とは、一度上がった水準を下げると不幸を覚える人間心理である。彼女はそのラチェットのせいで苦しんだのか。それとも、他に何か理由があるのか。

 

非合理的であり、冷静ではない。どう考えても身勝手で、称賛できない。単純な言い方をすれば、扱いづらくて邪魔な存在である。では、一体誰がそう言うのか。一体誰の人生が模範的なのか。ニーチェは言った。

 

彼女は生きた。その事実を笑える人間は、存在しない。

 

 

『この映画のジャンル』

『実話・実録』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『女性』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『芸術・創造』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『哀愁・惜別』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『蟹工船』 レビュー(感想)と考察 『尼僧物語』 レビュー(感想)と考察 『借りぐらしのアリエッティ』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS