目次

『最高の人生のつくり方』 レビュー(感想)と考察

最高の人生のつくり方

ポスター画像出典:『Amazon.co.jp

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

最高の人生のつくり方』(さいこうのじんせいのつくりかた、原題: And So It Goes)は、2014年アメリカ映画。 日本では劇場未公開、2015年6月3日にDVD発売(レンタル開始)。wowowでの放映タイトルは「最高の人生の描き方」。

 

監督 ロブ・ライナー
脚本 マーク・アンドラス
製作 ロブ・ライナー
アラン・グライスマン
マーク・ダモン
出演者 マイケル・ダグラス
ダイアン・キートン
スターリング・ジェリンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

人生を器用に生きている人ほど、『成功者』という人間が決めた地位にたどり着きやすい。だが、金の所有と知性は足並みをそろえて進むわけではない。象られた地点にたどり着いたとしても、それがつまり人生の最高到達地点に到着したことにはならない。では、どうすればいいのか。それは、自分の身の周りを見渡すことである。そこに一つでも不幸の種があるなら、それはおそらく、自分が蒔いた種だ。

 

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』