目次

『モネ・ゲーム』 レビュー(感想)と考察

モネ・ゲーム

ポスター画像出典:『Yahoo!映画

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

モネ・ゲーム』(原題: Gambit)は、2012年アメリカ合衆国イギリス合作のクライムコメディ映画。1966年の映画『泥棒貴族』のマイケル・ホフマン監督によるリメイクである。脚本はコーエン兄弟が執筆した。

 

監督 マイケル・ホフマン
脚本 ジョエル・コーエン
イーサン・コーエン
製作 マイク・ロベル
ロブ・パリス英語版
アダム・リップ
製作総指揮 フィリップ・エルウェイ
リザル・リシャド
出演者 コリン・ファース
キャメロン・ディアス
アラン・リックマン
スタンリー・トゥッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

一度観ていたはずなのだが、映画を真剣に観だしてからもう一度観ると、この映画の潜在能力を知ることができた。こんなにも爽快で、面白い映画だったとは。ただ面白い映画だけを見ていた時代に、なぜそう思えなかったのだろうか。それがきっと、映画の奥深さであり、魅力の一つなのだ。

 

 

『この映画のジャンル』

『爽快』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』