目次

『ギルバート・グレイプ』 レビュー(感想)と考察

ギルバート・グレイプ

ポスター画像出典:『Yahoo!映画

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

ギルバート・グレイプ』(原題:What’s Eating Gilbert Grape)は、1993年アメリカ映画ピーター・ヘッジズの同名小説の映画化。レオナルド・ディカプリオアカデミー賞にノミネートされた。

 

監督 ラッセ・ハルストレム
脚本 ピーター・ヘッジズ
製作 メイア・テペル
バーティル・オールソン
デヴィッド・マタロン
製作総指揮 アラン・C・ブロンクィスト
出演者 ジョニー・デップ
レオナルド・ディカプリオ
ジュリエット・ルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

ジョニー・デップとディカプリオが出演するだけで貴重な作品。それだけに内容はこれくらい平凡な家庭をピックアップしてもいい。だが、この家族は確かにマフィアやヒーローではないが、平凡とも言い切れないようだ。知的障害がある弟。夫の死のショックで200㎏の肥満体系になった母。ギルバートはそんな『平凡で異常な世界』の中で、自分が大切にしたいものを必死に守り抜こうとする。

 

過激すぎる内容ということでもない。地球の危機が描かれるわけでもない。だが、見終わった後、そこに流れる音楽に包み込まれながら我々は、この作品との別れを惜しむことになる。

 

 

『この映画のジャンル』

『病気・障害』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『安心・平和』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『絆・友情』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』