Contents|目次

『夜になるまえに』 レビュー(感想)と考察

夜になるまえに

ポスター画像出典:『Filmarks映画情報

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

夜になるまえに』(Antes Que Anochezca, 英: Before Night Falls)は、キューバ出身の作家詩人レイナルド・アレナス自伝である。

カストロ政権下で、作家であり、またホモセクシュアルであるために迫害されたレイナルド・アレナスは、1980年アメリカ亡命するが、その後エイズを発病してしまう。自身の壮絶な一生を描く自伝。

 

監督 ジュリアン・シュナーベル
脚本 ジュリアン・シュナーベル
カニンガム・オキーフ
ラサロ・ゴメス・カリレス
原作 レイナルド・アレナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

キューバ出身の作家・詩人、レイナルド・アレナスの自伝映画である。キューバ革命の中心人物、ゲバラやカストロの映画と併せて観ると、更にこの時代を幅広く知ることができるかもしれない。カストロ政権下で、ホモセクシュアルであるために迫害された彼は、1980年にアメリカに亡命するが、その後エイズが発病してしまう。

 

『この映画のジャンル』

『実話・実録』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『性別不合・同性愛』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『チェ』 レビュー(感想)と考察 『ワンダー 君は太陽』 レビュー(感想)と考察 『ワイアット・アープ』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS