目次

『アメリカン・ビューティー』 レビュー(感想)と考察

アメリカン・ビューティー

ポスター画像出典:『映画.com

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

アメリカン・ビューティー』(原題: American Beauty)は、1999年製作のアメリカ映画サム・メンデス監督作品。

 

監督 サム・メンデス
脚本 アラン・ボール
製作 ブルース・コーエン
ダン・ジンクス
出演者 ケヴィン・スペイシー
アネット・ベニング
ソーラ・バーチ
ウェス・ベントリー
ミーナ・スヴァーリ
ピーター・ギャラガー
アリソン・ジャネイ
クリス・クーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

作品に登場する赤いバラは「豊かな家庭の象徴」でもあり、「アメリカの美」というタイトルがつけられていながらも、その国の家庭が崩壊していく様子が描かれているあたり、メッセージ性が高い映画である。表層は美しく、成功している。だが実際にはどうか。世界が憧れるアメリカのある家庭らのその心底に渦巻く本音とは。

 

 

『この映画のジャンル』

『歪曲・歪んだ心・狂った現実』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『意外な展開』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』