Contents|目次

『めぐりあう時間たち』 レビュー(感想)と考察

めぐりあう時間たち

ポスター画像出典:『Yahoo!映画

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

めぐりあう時間たち』(めぐりあうじかんたち、The Hours)は、2002年アメリカ合衆国の映画スティーブン・ダルドリー監督。マイケル・カニンガム原作。『ダロウェイ夫人』をモチーフに、作者であるヴァージニア・ウルフを始め、それにかかわる3人の女性を描く作品。第75回アカデミー賞で9部門にノミネートされ、特殊メイクを施しヴァージニア・ウルフを演じたニコール・キッドマンアカデミー主演女優賞を受賞。第53回ベルリン国際映画祭ではジュリアン・ムーアメリル・ストリープを含む3人が銀熊賞 (女優賞)を共同受賞した。

 

監督 スティーブン・ダルドリー
脚本 デヴィッド・ヘア
原作 マイケル・カニンガム
製作 スコット・ルーディン
製作総指揮 マーク・ハッファム
出演者 ニコール・キッドマン
ジュリアン・ムーア
メリル・ストリープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

人にはそれぞれ、窮屈な抑圧が少しはあるものである。それをバネにして高く跳ね上がる者もいれば、そのまま押しつぶされて死んでしまう者もいる。私の周りには言葉が喋れなくなった者も、衰弱死してしまった者もいる。宗教に走った者もいる。私自身がとても繊細な心で、かつ複雑な思考回路をしているからゆえ、そういう人たちの気持ちはよくわかる。

 

わかるが、私はあえて楽観的に生きる道を選んだのだ。トーマス・マンは言った。

 

 

 

『この映画のジャンル』

 

『その他映画コンテンツ』