『後悔したくない方』はこちら

『未知との遭遇』 レビュー(感想)と考察

未知との遭遇

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!2000本以上の映画を観た運営者が、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

Movie:info

初級者の方は『どんな人におすすめ?』だけをご参考ください。

 

未知との遭遇』(みちとのそうぐう、Close Encounters of the Third Kind)は、1977年に公開されたアメリカ映画である。世界各地で発生するUFO遭遇事件と、最後に果たされる人類と宇宙人のコンタクトを描いた。スーパーバイザーを務めたのは、元アメリカ空軍UFO 研究部顧問のジョーゼフ・アレン・ハイネックで、劇中でもエキストラで登場している。

 

監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 スティーヴン・スピルバーグ
製作 ジュリア・フィリップス
マイケル・フィリップス
出演者 リチャード・ドレイファス
テリー・ガー
メリンダ・ディロン
フランソワ・トリュフォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

一度は見ておかなければならないビッグタイトルの一つだ。この時代(1977年)で考えれば相当インパクトがあっただろう。UFOや雪男、ツチノコ、ネッシー、グレイなどのUMAの存在が強く信じられていた。もっと前に遡るなら、悪魔や怪物だ。世界各地にそうした怖い噂があり、その噂を論破するだけの完全な証拠がなかっただけに、確信が持てずに、より人々の心に強い恐怖心を植え付けた。

 

かつて『虫歯』は、歯に穴が開いたところに、何か歯に穴をあける不思議な力を仮想したり、ときには悪霊などの仕業だろうと考えていた。それに対し、アメリカ人のミラーが、ドイツのロベルト・コッホ(1843~1910年)の研究所にいて、結核やコレラのように、何かのバイ菌が虫歯をつくるのだろうと、口腔中のいろいろな菌を調べ、『化学細菌説』という理論を出したのが、虫歯に対する最初の学説である。

 

そうした人間の歴史と、その時代における人々の心理状況を想像しながら鑑賞すると、なかなか見応えのあるものである。

 

 

 

『この映画のジャンル』

『宇宙・惑星』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』