目次

『ダンガル きっと、つよくなる』 レビュー(感想)と考察

ダンガル きっと、つよくなる

ポスター画像出典:『映画.com

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

ダンガル きっと、つよくなる』(原題:Dangal)は、2016年に公開されたインドスポーツ英語版ドラマ伝記映画。元アマチュアレスリング選手マハヴィル・シン・フォーガット英語版と彼の娘であるフォーガット姉妹英語版の半生を描いており、監督はニテーシュ・ティワーリー、主演はアーミル・カーンが務めた

 

監督 ニテーシュ・ティワーリー
脚本 ニテーシュ・ティワーリー
ピユス・グプタ
シュレヤース・ジャイン
ニキール・メハロトラ
製作 アーミル・カーン
キラン・ラオ
シッダールト・ロイ・カプール英語版
出演者 アーミル・カーン
ファーティマー・サナー・シャイク英語版
サニヤー・マルホートラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

元アマチュアレスリング選手マハヴィル・シン・フォーガットと彼の娘であるフォーガット姉妹の半生が描かれる。この映画を観ると、動物の肉を平気で食べていること、清潔な環境で何不自由なく生活できていることが、ある種の『隠蔽』であるという事実を、再考させられることになる。強くなるために肉を食べなければならない。レスリングの内容もさることながら、私が印象深かったのはその言葉である。

 

もちろん、インド人レスラーとして世界で活躍するまでの経緯や過程も見応えがある。インド人が数字に強くなった背景に『カースト制度』があると聞いたことがあるが、それら社会的要素も切実な問題である。多くを代償にし、重くを背負った二人の女性が、熱き父親のインディアンエネルギーに後押しされ、この世界に大きな波を作った。

 

 

ちなみにモデルの女性が吉田沙保里のファンということで公式メッセージがある。この映画の迫力を見た後に吉田沙保里が『その上にいる』と考えると、彼女の異常さが浮き彫りになる。我々は彼女を当然のように親しみある人として受け入れているが、世界の資産なのである。

 

 

 

 

『この映画のジャンル』

『教訓』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『実話・実録』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『女性』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『絆・友情』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』