目次

『ジェーン』 レビュー(感想)と考察

ジェーン

ポスター画像出典:『映画.com

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

ジェーン』(原題: Jane Got a Gun)は、2016年アメリカ合衆国西部劇映画である。ギャヴィン・オコナーが監督を務め、ナタリー・ポートマンが主演を務めている。

 

監督 ギャヴィン・オコナー
脚本 ブライアン・ダッフィールド
アンソニー・タンバキス
ジョエル・エドガートン
原案 ブライアン・ダッフィールド
出演者 ナタリー・ポートマン
ジョエル・エドガートン
ノア・エメリッヒ
ロドリゴ・サントロ
ボイド・ホルブルック
ユアン・マクレガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

実はアメリカ人なら女性でも西部劇が好きな人が多いという。シャーリーズ・セロンもそうだ。そして、今回制作に携わったナタリー・ポートマンもそうらしい。日本人が世界に誇る武士の存在をどこかで誇りに思っているように、アメリカ人にとって西部のカウボーイはアイデンティティ。もちろんそれは、迫害された先住民たちの命の上に乗ったプライドだが。

 

 

『この映画のジャンル』

『復讐・敵討ち』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』