目次

『トラフィック』 レビュー(感想)と考察

トラフィック

ポスター画像出典:『Yahoo!映画

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

トラフィック』(原題: Traffic)は、スティーブン・ソダーバーグ監督による2000年アメリカ映画で、麻薬をテーマにした群像劇作品。

 

監督 スティーブン・ソダーバーグ
脚本 スティーヴン・ギャガン
原作 サイモン・ムーア (作家)英語版
製作 ローラ・ビックフォード
マーシャル・ハースコヴィッツ
エドワード・ズウィック
製作総指揮 キャメロン・ジョーンズ
グレアム・キング
アンドレアス・クライン
リチャード・ソロモン
マイク・ニューウェル
出演者 マイケル・ダグラス
ベニチオ・デル・トロ
ドン・チードル
ルイス・ガスマン
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

メキシコに実在した麻薬カルテル「ファレス・カルテル」がモデルとなる人物が登場する、麻薬をテーマにした群像劇だ。日本人とアメリカ、メキシコ人のドラッグへの考え方はまるで違う。だから世界三大投資家のジム・ロジャーズがコロンビアの麻薬製造所を買い占めたことも、倫理的に首をかしげることになる。だが、アメリカでは大麻が合法化される。そうした方がマフィアに資金を流すよりマシだからだ。それだけ彼らの社会にドラッグが食い込んでいるのである。

 

今日見た『ピッチパーフェクト』でもSEXやシャワーシーン、音楽の歌詞や司会のセリフが日本では考えられない過激さを見たが、それが『自由』ということでもある。そして銃も麻薬も、その一部なのだ。銃の乱射事件が起きるたびにその所持についての倫理が問われるが、彼らの社会からそれらが無くなることはなさそうだ。

 

一言、根深い黒人差別然り、『馬鹿』なのだろうか。銃も麻薬も差別もやめられず、『自由』に依存し、『ソーダ税』をかけられ、医療問題で自己破産する人が後を絶たない。しかし、そんな混沌とした自由な社会だからこそ自律した主体性のあるやり手が出てきて、彼らの『ソフトパワー』で世界は満たされている。

 

では、この家族の結末はどうなるだろうか。父親が麻薬を取り締まる側であり、娘が依存症だ。自由な国で『幸せ』を見つけることは、難しい。

 

 

『この映画のジャンル』

『実話・実録』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』