目次

『プライドと偏見』 レビュー(感想)と考察

プライドと偏見

ポスター画像出典:『映画.com

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

プライドと偏見』(Pride & Prejudice)は2005年ラブロマンス映画である。原作はこれまで何度も映像化されているジェーン・オースティンの小説『高慢と偏見』(Pride and Prejudice)。この作品は『高慢と偏見』『自負と偏見』などの日本語訳題で親しまれてきたが、この訳題が付けられたのはこの映画が初である。

 

監督 ジョー・ライト
脚本 デボラ・モガー
原作 ジェーン・オースティン
製作 ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
ポール・ウェブスター
製作総指揮 ライザ・チェイシン
デブラ・ヘイワード
出演者 キーラ・ナイトレイ
マシュー・マクファディン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

18世紀末のイギリス。とにかくかつての時代を覗くと人間が理不尽な扱いをされている。黒人や女性だ。これはそのどちらにも該当しない私のような人間が声を大にして言わなければならない現実である。しかし、私の声など到底届かない頑強な要塞で塗り固めた巨大権力は、そう簡単には砕けない。女性では相続権がなく、父親が死んだら遠縁の男性が遺産を相続する。誰もがそういう状況を強いられた時、彼女らのように『理想の男性』を夢抱き、待ち焦がれるのではないだろうか。

 

では彼らのケースはどうか。確かに財産ある男性が現れた。金目当てという単純なことではなく、命に関わるのだ。自分や家族、そして生まれてくる子々孫々の命の種が『金持ちの男性』というエネルギー源に宿っている。しかしこの男、どうも様子がおかしい。『傲慢』に見える。彼女にとって彼は、理想の男性になりうるのだろうか。

 

https://www.youtube.com/watch?v=tZG5JyUgVcA

 

『この映画のジャンル』

『女性』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『名作・伝説』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』