『後悔したくない方』はこちら

『E.T.』 レビュー(感想)と考察

E.T.

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。
年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!2000本以上の映画を観た運営者が、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

Movie:info

初級者の方は『どんな人におすすめ?』だけをご参考ください。

 

E.T.』(イーティー、E.T. The Extra-Terrestrial)は、1982年公開のアメリカ合衆国SF映画。ならびに、同作品に登場する、架空の地球外生命体の名称である。

 

監督 スティーヴン・スピルバーグ[1]
脚本 メリッサ・マシスン
製作 スティーヴン・スピルバーグ
キャスリーン・ケネディ
出演者 ディー・ウォレス
ヘンリー・トーマス
ピーター・コヨーテ
ロバート・マクノートン英語版
ドリュー・バリモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

昔、この星は平面だと考えられていた。大きなゾウやカメの上に乗っている大きな大陸で、『上』には『優秀な人間』しか行くことができず、『下』には『無能な人間』が相応しいという考え方があり、このような条件がいくつも重なって、『上にある天国』、『下にある地獄』が想像された。天国に雲があって天使が空を飛び、地獄に溶岩があるイメージは、地球平面説がベースとなっているから想像されたはずである。

 

『横』には限界があり、そのうち下に落ちてしまうことになるが、当時イメージされていたのはそうではなく『無限』で、ずっとその平面を外へ外へと進んでいくと、見たことがない、あるいは噂で聞くような『魔物』がいたり、『』がいたりする世界が広がっていると考えた。

 

人間は『未知の存在』に恐怖を覚えるものである。だが、その考え方だけがすべてではない。とりわけ、まだ心が『人間世界』に汚されていない子供たちの発想は、『彼』の存在を悪とは捉えなかった。だからこそ生まれたのだ。彼との絆が。思い出が。

 

 

ちなみに以下の動画はこの映画から37年後のスペシャルムービーである。

 

 

『この映画のジャンル』

『魔法・ファンタジー』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『宇宙・惑星』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』