『後悔したくない方』はこちら

『ドリーム』 レビュー(感想)と考察

ドリーム

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。
年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!2000本以上の映画を観た運営者が、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

Movie:info

初級者の方は『どんな人におすすめ?』だけをご参考ください。

 

ドリーム』(原題: Hidden Figures)は、2016年アメリカ合衆国で公開された伝記映画である。ただし、史実との相違点も多い。

監督 セオドア・メルフィ
脚本 アリソン・シュローダー英語版
セオドア・メルフィ
原作 マーゴット・リー・シェッタリー英語版
Hidden Figures
出演者 タラジ・P・ヘンソン
オクタヴィア・スペンサー
ジャネール・モネイ
ケヴィン・コスナー
キルスティン・ダンスト
ジム・パーソンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

『ライトスタッフ』を観たことがある人にとっては楽しめるポイントがいくつもある。これは『ガガーリン』、『ライトスタッフ』、『スペースウォーカー』、『アポロ13』、『ファーストマン』とセットで米ソの宇宙競争、あるいは冷戦という形で観て楽しめる映画である。だが、今回はそれらと違って女性がメイン。これらの映画を観れば分かるが、この地球最前線の職場には『黒人』も『女性』もいない。

 

では、それらの人々は本当にそこにいなかったのだろうか。いや、いた。それも天才級の黒人女性が最低でも3人はいて、彼女たちは『彼ら』の活躍に欠かせない存在だったのだ。この映画の原題は『Hidden figures』。意味は『隠された人物』である。

 

 

『この映画のジャンル』

『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『女性』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『人種・異文化』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『宇宙・惑星』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『頭脳・天才』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』