目次

『500日のサマー』 レビュー(感想)と考察

500日のサマー

ポスター画像出典:『ヤフー映画

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

500日のサマー』((500)日のサマー、ごひゃくにちのサマー、(500) Days of Summer)は、2009年アメリカ映画

 

監督 マーク・ウェブ
脚本 スコット・ノイスタッター
マイケル・H・ウェバー
製作 マーク・ウォーターズ
ジェエシカ・タッキンスキー
メイソン・ノヴィック
スティーヴン・J・ウルフ
ナレーター リチャード・マクゴナガル
出演者 ジョセフ・ゴードン=レヴィット
ズーイー・デシャネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

500日間、サマーという女性と思い出を作った。この女性がなかなか簡単ではない。個性的で、自分の意見を持っている。だから途中まで彼女に肩入れをし、まるで男性がナヨナヨして女々しいような印象を持ってしまうのだが、最後にはちょっとその感想も変わってしまう。そして『サマー』という名前。この2つを意識して、ぜひ『最後まで』見逃さないでほしい。

 

https://youtu.be/ZPqFiySOG_k

 

『この映画のジャンル』

『教訓』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』