目次

『始皇帝暗殺』 レビュー(感想)と考察

始皇帝暗殺

ポスター画像出典:『映画.com

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

始皇帝暗殺』(しこうていあんさつ、原題:荊軻刺秦王)は、中国日本フランスの合作による1998年制作の歴史映画である。

 

監督 陳凱歌(チェン・カイコー)
脚本 陳凱歌(チェン・カイコー)、王培公(ワン・ペイコン)
製作 陳凱歌(チェン・カイコー)、高秀蘭(シャーリー・カオ)、井関惺
製作総指揮 韓三平(ハン・サンピン)、角川歴彦、古川博三
出演者 鞏俐(コン・リー)
張豊毅(チャン・フォンイー)
李雪健中国語版(リー・シュエチエン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  • ハラハラしたい!
  • 非日常的な世界が見たい!
  • 歴史の勉強がしたい!
  • 衝撃の実話が見たい!
  • 運営者(私)のおすすめ映画が見たい!

 

『レビュー(感想)と考察』

紀元前221年、荊軻(けいか)という伝説の殺し屋が、あの始皇帝を暗殺して欲しいと依頼される。これは実話である。下記に画像を載せよう。

 

秦王政(左)を襲撃する荊軻(右)

 

始皇帝というのは圧倒的な存在感がある。『キングダム』で演じられる『政』は愚直で大儀ある青年風に描かれるが、歴史書で調べるとえぐい。その暴虐ぶりで何人の人を殺しているか分からない。そして、そうであるからこそこういう『暗殺』のような話が浮かび上がるのだ。では、その暗殺は成功するのか。

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』