目次

『中国侵攻作戦』 レビュー(感想)と考察

『中国侵攻作戦』

ポスター画像出典:『映画.com

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

ドキュメンタリー映画だが、やはり歴史を語る際にドキュメンタリー映画を欠かすことはできない。ドキュメンタリー映画を観て思うことだが、実はあまり映画との乖離を感じないのだ。事実は小説より奇なりではないが、むしろこうしたドキュメンタリー映画の方が衝撃的な映像が流れてくるケースが多い。普通の映画だと批判の対象だが、ドキュメンタリー映画だと真実の描写としてむしろそれが称賛されるのである。

 

時は日中戦争(1937~1945年)。つまり、中国に侵攻するのは日本である。古い映画だが、名前と当時の帝国主義たる大日本帝国から考えられるような一方的な展開はない。むしろ中国がどのようにして日本を『跳ね返したか』ということが詳細に描かれている。広大な土地を利用して時間を稼ぎ、武器を確保し、地下に工場を作って戦闘の準備を行った。最初、兵士たちは弱かった。日清戦争では(1894年)では、リソースが互角であったはずなのに負けた。その理由は『主体性の有無』だったという。

 

洋務運動で近代化を図ったのはいいが、それについいてこれなかったのだ。そして体制が整う前に日本が潰した。しかし今回は違った。だからこそ『強化』が行われた。そう。やはり結局は戦争の勝敗を決めるのは、兵士や国民の主体性なのである。

 

『この映画のジャンル』

『実話・実録』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『戦争映画』を実際にあった戦争一覧と共に見てみよう

 

『その他映画コンテンツ』