目次

『テルマ&ルイーズ』 レビュー(感想)と考察

テルマ&ルイーズ

ポスター画像出典:『Yahoo!映画

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

テルマ&ルイーズ』(Thelma and Louise)は、1991年に公開されたアメリカ映画。監督はリドリー・スコット、脚本はカーリー・クーリ、主演はスーザン・サランドンジーナ・デイヴィス

 

監督 リドリー・スコット
脚本 カーリー・クーリ
製作 リドリー・スコット
ミミ・ポーク
出演者 スーザン・サランドン
ジーナ・デイヴィス
ハーヴェイ・カイテル
マイケル・マドセン
ブラッド・ピット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

 

『レビュー(感想)と考察』

90年代の女性版」アメリカン・ニュー・シネマと評されており、また、ブラッド・ピットの出世作としても知られる。だがブラピの出世作は

 

  1. リバー・ランズ・スルー・イット
  2. インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
  3. レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い
  4. セブン

 

などもそれが語られることがあるので、どれが本当かは分からない。だが確かにこの中で最も若い時代に出たのがこの映画である。私は今まとめて映画感想を書いているのだが、アメリカン・ニューシネマで、

 

  • スケアクロウ
  • ロンググッドバイ
  • チャイナタウン
  • 明日に向かって撃て!
  • イージーライダー
  • フレンチコネクション

 

などいくつも名作が挙げられる中、これといってこれがずば抜けていると感じる作品はそう多くなく、また、ウディ・アレンの映画や、70年代の映画、不倫の映画など、多くの映画を観てきたが正直な感想として、あまり『良い映画を観た』ということは書けない映画が続いていた。

 

だが、この映画は違う。ずば抜けている。主人公のスーザンサランドンとジーナデイヴィスの二人にある種の後光が差して見えるくらいの、そういう衝撃がこの映画にはあるのだ。たかが女性の二人旅と思わない方がいい。この映画のクライマックスのシーンは、世界一売れてギネスブックにも載った問題作のゲームソフト『GTA』にも登場する。

 

我々はいずれ死ぬ。そんな有限の人生をあなたなら、どのように終わらせたいだろうか。

 

 

『この映画のジャンル』

『衝撃・壮絶』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『絆・友情』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『女性』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『哀愁・惜別』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『エンドロールが流れてもすぐ席を離れられなかった映画』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『命の使い方』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』