目次

『ファイブ・イージー・ピーセス』 レビュー(感想)と考察

ファイブ・イージー・ピーセス

ポスター画像出典:『Amazon.co.jp

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

ファイブ・イージー・ピーセス』(Five Easy Pieces)は、1970年アメリカ合衆国ドラマ映画アカデミー賞四部門(作品賞主演男優賞助演女優賞脚本賞)にノミネートされた。

 

監督 ボブ・ラフェルソン
脚本 エイドリアン・ジョイス
原案 ボブ・ラフェルソン
エイドリアン・ジョイス
製作 ボブ・ラフェルソン
リチャード・ウェクスラー
製作総指揮 バート・シュナイダー
出演者 ジャック・ニコルソン
カレン・ブラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

1970年に上映されたこのアメリカン・ニューシネマには、その時代の顔であるジャックニコルソンが主演を務める。今、いくつかのその時代の映画の感想文をまとめて書いていて感じるのだが、やはりこれらの時代の映画は当時の生の感覚を知らない私には分からない、『リアルタイムの映画』なのではないだろうか。もちろん映画というのは往々にしてそうだ。その時代を生きる人に共感され、興味を持たれなければ売り上げが伸びず、興行的に失敗し、製作者側が赤字になってしまい、最悪の場合はそれによって人が死ぬこともある。だからそうなることは仕方がないことだ。

 

しかし、そう考えるとこのアメリカン・ニューシネマの時代で卓越した映画は、

 

  1. タクシードライバー
  2. 俺たちに明日はない
  3. ダーティハリー
  4. 時計仕掛けのオレンジ

 

これらの映画くらいではないだろうか。彼が出演する『カッコーの巣の上で』もかなりいい線をいっているが、正直これよりもディカプリオの『シャッターアイランド』の方が現代人にウケるはずだ。チャイナタウンも、なんとも言えない。この映画もその類の一つだ。アメリカン・ニューシネマはラストシーンが共通してハッピーエンドではないのでそこだけ前のめりに注目したが、ふむ、確かに面白いが、それだけである。

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』