目次

『荒野の七人』 レビュー(感想)と考察

『荒野の七人』

ポスター画像出典:『映画.com

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

荒野の七人』(こうやのしちにん、The Magnificent Seven)は、1960年アメリカ合衆国西部劇映画。 監督はジョン・スタージェス、出演はユル・ブリンナースティーブ・マックイーンなど。 黒澤明監督の日本映画七人の侍』(1954年)の舞台を西部開拓時代メキシコに移して描いたリメイク映画である。後に第二作『続・荒野の七人』(1966年)、第三作『新・荒野の七人 馬上の決闘』(1969年)、第四作『荒野の七人・真昼の決闘』(1972年)などの続編が制作された。また、2016年には本作のリメイクとなる『マグニフィセント・セブン』が公開された。

 

監督 ジョン・スタージェス
脚本
原作 黒澤明
橋本忍
小国英雄
七人の侍
製作 ジョン・スタージェス
製作総指揮 ウォルター・ミリッシュ英語版
出演者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

黒澤明の日本映画『七人の侍』(1954年)の舞台を西部開拓時代のメキシコに移して描いたリメイク映画だ。音楽が印象的だから、この音楽で心躍るアメリカ人は、その後に作られる『マグニフィセントセブン』のエンディングでこれが流れたとき、鳥肌が立っただろう。私はどれも観ているから展開が分かるので特に感想はないが、これはこれで文句はないだろう。

 

最後のセリフも七人の侍のセリフと同じ的を射る言葉であり、オリジナルのエッセンスはしっかりと受け継いでいると言える。

 

 

『この映画のジャンル』

『復讐・敵討ち』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『善悪・正義』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『音楽・BGM』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』