目次

『ブルーベルベット』 レビュー(感想)と考察

『ブルーベルベット』

ポスター画像出典:『映画.com

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

ブルーベルベット』(Blue Velvet)は、1986年に制作されたアメリカ映画。監督・脚本は、デヴィッド・リンチ

 

監督 デヴィッド・リンチ
脚本 デイヴィッド・リンチ
製作 フレッド・カルーソ
製作総指揮 リチャード・ロス
出演者 カイル・マクラクラン
イザベラ・ロッセリーニ
デニス・ホッパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

映画を差別しないようにしている私も、やはりこうして多くの映画を観るとなると、苦手な分野が存在するようだ。

 

  1. デヴィッドリンチの映画
  2. ウディアレンの映画
  3. コーエン兄弟の映画
  4. 不倫もの
  5. 当時の人にしか分からない当時の空気感を大事にしたもの

 

こういう映画はあまり響かないようだ。例えばこのブルーベルベットもデヴィッドリンチの映画だが、

 

  • ブルーベルベット
  • ワイルド・アット・ハート

 

とその両方が全く心に響かない映画だ。ただ、これらの方向が好きな人がいるからこそ彼らが地位を確立しているわけだから、私にはこれらの映画を語る資格はないとしていうことだろう。

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』