激戦!『五条悟』VS『トラファルガー・ロー』

『マグニフィセントセブン』 レビュー(感想)と考察

『マグニフィセント・セブン』

ポスター画像出典:『Yahoo!映画

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

マグニフィセント・セブン』(The Magnificent Seven)は、2016年アメリカ合衆国ウエスタンアクション映画。監督はアントワーン・フークア、脚本はニック・ピゾラット英語版とリチャード・ウェンク。1954年の日本映画『七人の侍』を基にした1960年の西部劇映画『荒野の七人』のリメイクであり[5]デンゼル・ワシントンクリス・プラットイーサン・ホークヴィンセント・ドノフリオイ・ビョンホンマヌエル・ガルシア=ルルフォマーティン・センズメアー英語版ヘイリー・ベネットピーター・サースガードらが出演する。

 

監督 アントワーン・フークア
脚本
製作
製作総指揮
  • ブルース・バーマン
  • アントワーン・フークア
  • ウォルター・ミリッシュ
  • ベン・ウェイスブレン
出演者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

七人の侍、荒野の七人を観たついでにもう一度鑑賞だ。以前映画館で観たのだが、もう一度それらを整理する意味でも再確認してみた。やはり、私は古い映画より最近の映画の方が感情移入できる。ハイクオリティに慣れてしまっているのだ。私は一時期映画が嫌いだった時代があるのだが、それはチープなクオリティの、嘘が丸わかりの爆破シーンとか、人形感丸出しのモンスターなどを観たことで、興ざめしたことが原因である。

 

ジョーズ、グレムリン、ET、ネバーエンディングストーリーなどがそうだ。そのチープさを逆に利用した『チャイルドプレイ』などは良かったが、それ以外のほとんどはだめだ。チャイルドプレイなどは本当に、最近のバージョンは全然怖くなかった。チープさが武器になったり、デメリットになることがあるということである。

 

だから正直、七人の侍よりもマグニフィセントセブンの方が見やすい。それが正直な感想だ。だが、もし黒澤明が生きていて、現代の感覚で侍を描いてくれたなら、私は必ずそっちを好きになっていたことだろう。

 

 

『この映画のジャンル』




『善悪・正義』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!




『復讐・敵討ち』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』




この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?




大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)




映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI




『ツリー・オブ・ライフ』レビュー(感想)と考察





『ドミノ』 レビュー(感想)と考察





『スティーラーズ』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS