目次

『ドライビング Miss デイジー』 レビュー(感想)と考察

ドライビング Miss デイジー

ポスター画像出典:『映画.com

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

ドライビング Miss デイジー』(原題: Driving Miss Daisy)は、1989年製作のアメリカ映画ブルース・ベレスフォード監督によるハートウォーミングストーリー。アメリカ南部を舞台に、老齢のユダヤ系未亡人とアフリカ系運転手の交流をユーモラスに描く。

 

監督 ブルース・ベレスフォード
脚本 アルフレッド・ウーリー
原作 アルフレッド・ウーリー
製作 リチャード・D・ザナック
リリ・フィニー・ザナック
製作総指揮 デヴィッド・ブラウン
出演者 ジェシカ・タンディ
モーガン・フリーマン
ダン・エイクロイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

1940~70年代のアメリカを描いた映画で、やはりその話の節々には黒人差別問題が展開される。だが、南部では黒人だけではなくユダヤ人も迫害の対象で、KKK(白人至上主義)が集会所を襲撃するなど、そういう当時頻発した悲惨な出来事を交えて、モーガン・フリーマン演じる黒人運転手と、高齢のその雇い主である老婆の奇妙な関係が描かれていく。

この時代だから、キング牧師の話も出てくる。彼の説教を聞こうというのだ。主人公のデイジーは意固地な見栄っ張りだが、人種差別をするような人間ではなかった。その根幹にある優しい心は、運転手の男の誠実な心とリンクしていた。性格がゆえにそれが中々表面化されないが、晩年を迎える時、彼らの真の絆が明らかになるのだ。

 

アメリカは難しい時代だった。それに加え、彼らのような人間同士は水と油のように絡み合うことは自然ではなかった。そんな難しいシビアでリアルな現実が、この奇妙な二人の関係の絆の希少さを、盛り上げてくれるのである。

 

 

『この映画のジャンル』

『絆・友情』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『女性』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』