目次はこちら

『ヒトラー 〜最期の12日間〜』 レビュー(感想)と考察

ヒトラー 〜最期の12日間〜

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

 

 

ヒトラー 〜最期の12日間〜』(ヒトラー さいごのじゅうににちかん、原題:Der Untergang、英題:Downfall)は、2004年公開のドイツオーストリア英語版イタリア共同制作による戦争映画。監督はオリヴァー・ヒルシュビーゲル、出演はブルーノ・ガンツアレクサンドラ・マリア・ララなど。原題はドイツ語で「失脚」「没落」の意。

1945年4月ベルリン市街戦を背景に、ドイツ第三帝国総統アドルフ・ヒトラー総統地下壕における最期の日々を描く。混乱の中で国防軍の軍人やSS(親衛隊)の隊員が迎える終末や、宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルス一家の悲劇、老若男女を問わず戦火に巻き込まれるベルリン市民の姿にも焦点が置かれている。

 

監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル
脚本 ベルント・アイヒンガー
原作 ヨアヒム・フェスト
ヒトラー 最期の12日間
トラウドゥル・ユンゲ
メリッサ・ミュラー英語版
私はヒトラーの秘書だった英語版
製作 ベルント・アイヒンガー
出演者 ブルーノ・ガンツ
アレクサンドラ・マリア・ララ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

『第二次世界大戦』の決定的な首謀者、ナチス・ドイツのヒトラー。彼は『日独伊三国同盟』でイタリア、日本という全体主義(ファシズム)、帝国主義の勢いを味方につけ、この世界を震撼させた。だが、結局『第一次世界大戦』同様、ドイツの連合は負けることになる。さて、歴史的問題児、ヒトラーの最期とはいかに。

 

人類はもう二度と世界大戦をしてはならない。『第二次世界大戦』の次は、もうあってはならない。

 

https://www.youtube.com/watch?v=mk_0pMnXW34

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『Amazonプライム』の2.5万本の5倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『戦争映画』を実際にあった戦争一覧と共に見てみよう

 

『その他映画コンテンツ』