『後悔したくない方』はこちら

『西部開拓史』 レビュー(感想)と考察

西部開拓史

 

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!2000本以上の映画を観た運営者が、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

Movie:info

初級者の方は『どんな人におすすめ?』だけをご参考ください。

 

西部開拓史』(原題:Homesteader Droopy1954年7月10日)は、アメリカ合衆国映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー (MGM) に所属していたアニメーターのテックス・アヴェリーによる作品のひとつ。

 

監督 テックス・エイヴリー
脚本 ヘック・アレン
製作 ロバート・ベントレー
ウォルター・クリントン
グラント・シモンズ
マイケル・ラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

1839~1889年のアメリカを描いた映画で、歴史的にも勉強になる。インディアン、ゴールドラッシュ、南北戦争、西武の人たちの心境、鉄道、保安官、金の強盗など、当時アメリカにあったさまざまな歴史や問題の中で生きる家族の一生を描いた、叙事詩映画(壮大なスケールで人間ドラマを描くことに重きをおく映画のジャンル)である。もしこれが60年前の映画じゃなければ、もっと見応えがあっただろう。だが、当時からすればスターぞろいの豪華キャストだったようだ。

 

白人は、『文明程度の劣った植民地に近代文明を伝えることが先進諸国の責務である』として、『明白な天命(マニフェスト・デスティニー)』だと主張し、西部開拓を行い、先住民の人生を脅かした。カリフォルニア、ロスアンゼルス、オレゴン、テキサス等で生きる人々は、その土地の歴史を考えるたびに、複雑な心境になる。何しろ、先住民を追い払い、時には殺害してその土地を奪い、だが、彼ら開拓者がいなければアメリカの豊かな土地はあり得ないのだ。

 

『ホワイトハウス』が誕生した理由は、アメリカが領土拡大という野心を持っていたからだった!

 

Amazonプライムで見る



『U-NEXT』には現在この映画は存在しないようです(2019年12月)。そのうち入荷するかもしれません。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『善悪・正義』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』