『後悔したくない方』はこちら

『アキレスと亀』 レビュー(感想)と考察

アキレスと亀

 

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!2000本以上の映画を観た運営者が、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

Movie:info

初級者の方は『どんな人におすすめ?』だけをご参考ください。

 

アキレスと亀』(アキレスとかめ)は、2008年日本映画。監督は北野武。14作目の長編映画となり、『TAKESHIS’』『監督・ばんざい!』に続く、芸術家としての自己を投影した三部作の最後の作品である 。2008年9月20日に日本で劇場公開。公式な初上映は第65回ヴェネツィア国際映画祭で、コンペティション部門に出品された。35の国と地域での公開を視野に入れていた 。

タイトルの『アキレスと亀』の元々の意味は、俊足であるはずの人間が鈍足の亀と競争しても勝てないことを証明する数式上の逆説(パラドックス)である。

 

監督 北野武
脚本 北野武
出演者 ビートたけし
樋口可南子
柳憂怜
麻生久美子
中尾彬
大杉漣
伊武雅刀
風祭ゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

幼い頃から、自分の好きな絵を描く行動を大事にしてきた。自分が好きなんだし、うまく描けるし、それを大事にしていくことは当たり前だ。こんな自分を好きになる人と結婚し、子供ができれば、それで一つの完成された人生だ。そういう、とある画家になる男の話である。だが、心底に常に妙な棘が刺さっている。この違和感の正体は、一体何だろうか。

 

ちなみに歌手の加藤ミリヤはこの映画に強く共感を覚えたようで、その熱い思いを伝えると、たけしが彼女に絵をプレゼントしていた。彼女はそれを家宝にするとのことだった。

 

『この映画のジャンル』

『芸術・創造』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『教訓』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』