『後悔したくない方』はこちら

『座頭市』 レビュー(感想)と考察

座頭市

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。
年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!2000本以上の映画を観た運営者が、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

Movie:info

初級者の方は『どんな人におすすめ?』だけをご参考ください。

 

座頭市』(ざとういち)は、2003年に製作された北野武監督、ビートたけし主演の日本映画

北野武初の時代劇であり、盲目というハンデキャップを背負った謎の侠客「市(いち)」の活躍を描いた作品。勝新太郎の代表作である時代劇『座頭市シリーズ』を題材にしたが、「盲目でありながら居合抜きの達人」という座頭を主役にしている設定以外、子母澤寛が執筆した原作や前述のシリーズとは全く関連が無いオリジナルである。

日本国内の観客動員数は200万人で、北野映画最大のヒット作となった。本作は日本国外でも上映され、複数の賞を受賞した

 

監督 北野武
脚本 北野武
製作 森昌行
斎藤恒久
出演者 ビートたけし
浅野忠信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

勝新太郎の代表作である時代劇『座頭市シリーズ』を題材にしたが、たけし独特の演出のもと、全く違う世界観を作り出している。ウィル・スミスが演出を下『アニー』でも、街中の雑踏がリズミカルな音楽に変えられたが、この座頭市でもそういう演出が加わっていて、それがアメリカ映画のようにわかりやすくないから、不思議な世界観が出来上がっている。たけしの映画は、『菊次郎の夏』でもガングロのギャル男がダンスを踊って、途中で天狗になったりと不思議な世界観がたびたび演出される。

 

『この映画のジャンル』

『不思議・独特』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』