目次はこちら

『ラストサムライ』 レビュー(感想)と考察

ラスト サムライ

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

ラスト サムライ』(The Last Samurai)は、2003年アメリカ映画。明治初頭の日本を舞台に、時代から取り残された侍達の生き方を描く。

アメリカ映画ながら、日本を舞台に日本人と武士道を偏見なく描こうとした意欲作で、多数の日本人俳優が起用されたことも話題を呼ぶ。

戦闘シーンの苛烈さや、一部に介錯シーンなどを含むため、アメリカ公開時はR指定(17歳未満の鑑賞は保護者同伴が必要)となっている(日本では全年齢指定)。トム・クルーズが演じる主人公ネイサン・

 

監督 エドワード・ズウィック
脚本 ジョン・ローガン
エドワード・ズウィック
マーシャル・ハースコビッツ
原案 ジョン・ローガン
製作 トム・クルーズ
トム・エンゲルマン
スコット・クルーフ
ポーラ・ワグナー
エドワード・ズウィック
マーシャル・ハースコビッツ
製作総指揮 テッド・フィールド
チャールズ・マルヴェヒル
リチャード・ソロモン
ヴィンセント・ウォード
出演者 トム・クルーズ
渡辺謙
真田広之
小雪
小山田真
ティモシー・スポール
ビリー・コノリー
原田眞人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

1876年、その時日本はペリー来航から20年の時が断っていた。ちょうどその頃アメリカでは南北戦争が終わり、リンカーンがアメリカの統一に貢献。しかし、そもそもアメリカは、イギリスやフランスから移住した移民たちが、元々そこに住んでいた先住民(インディアン等)を迫害したり、追い払ったりして自分たちの領土を確保していた。そのインディアンとの戦争でトラウマを負い、『神の意志』に疑問を持った一人のアメリカ人がいた。彼は日本の近代化を助けるよう白羽の矢を立てられるが、気乗りはしない。何が侍だ。何が武士だ。

 

しかし彼は『廃刀令』が出された後、刀を置かなければならなくなった生き場所のない日本に残った『最後の武士』たちと触れあっていくにつれ、やがて彼らの『武士道精神』の高潔さを思い知るようになる。これは、根幹に『キリスト教、神道、仏教、武士道精神』といった様々な精神体系が垣間見える宗教の話でもあり、信念の話でもあり、そして、『ラストサムライ(最後の侍)』たちの物語である。

 

幕末の志士が命を燃やす!榎本武揚と土方歳三がもし『戊辰戦争』に勝利していたら、この国に『蝦夷共和国』が存在していた?

 

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『Amazonプライム』の2.5万本の5倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『宗教・信念』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『内戦・内輪揉め』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』