『ヒト』を最適化しよう。

『王妃マルゴ』 レビュー(感想)と考察

王妃マルゴ

 

 

 

王妃マルゴ』(おうひマルゴ、La Reine Margot)は、1994年制作のフランス映画アレクサンドル・デュマ・ペール同名小説の映画化作品。本国フランスでは『ジェルミナル』(ゾラ原作)を超える製作費で話題となった。カンヌ国際映画祭にて審査員賞、女優賞を受賞した。

 

 

監督 パトリス・シェロー
脚本 パトリス・シェロー
ダニエル・トンプソン
製作 クロード・ベリ
出演者 イザベル・アジャーニ
ダニエル・オートゥイユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

三銃士』で有名なアレクサンドル・デュマ・ペールの小説『王妃マルゴ』を映画化したもの。といっても、ルターの宗教改革の後のヨーロッパ、フランスで、カトリックとプロテスタントらが衝突し、凄惨なサン・バルテルミの虐殺が行われる話が軸になることを考えると、あながち単なるフィクションというよりは、歴史映画である。同時代、この1600年頃のイギリスには、エリザベス女王がいたが、フランスでは王妃マルゴがいた。しかし、『処女王』と言われたエリザベスと違って、彼女は自由奔放だった。それだからこそ、毛色が全く違う物語になっていて、多様性があって面白い。

 

『封建国家→主権国家』へ!権力が国王に集中し『重商主義』に支えられながら『絶対王政』が実現!

 

彼女が結婚したのがアンリ4世。彼らは離婚し、アンリ4世がその後に結婚したのが大富豪一族のメディチ家出身であるマリー・ド・メディシス。メディチ家はレオナルド・ダヴィンチなどの芸術活動を支援したことでも有名である。つまりメディチ家は、イタリア・フィレンツェの名門だ。そしてその彼女とアンリ4世の子供がルイ13世。ルイ13世と言えば同じくアレクサンドル・デュマ・ペールの小説『三銃士』の時代の王である。

 

更にその次の映画に『仮面の男』というレオナルド・ディカプリオ主演の作品があるが、それもデュマの『ダルタニャン物語』がベースである。その時代はルイ14世の時代だ。つまりデュマは、

 

  1. アンリ4世
  2. ルイ13世
  3. ルイ14世

 

というフランスの時代を全て作品化しているわけである。

 

 

『この映画のジャンル』

『戦争映画』を実際にあった戦争一覧と共に見てみよう 『女性』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』