『ヒト』を最適化しよう。

『皇帝と公爵』 レビュー(感想)と考察

皇帝と公爵

 

 

 

皇帝と公爵』(こうていとこうしゃく、ポルトガル語原題:Linhas de Wellington)は、バレリア・サルミエント英語版監督による2012年のフランス・ポルトガルの叙事詩的戦争映画である。

第69回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門でプレミア上映され、金獅子賞を争った 。他に2012年のサン・セバスティアン国際映画祭第37回トロント国際映画祭 、2012年のニューヨーク映画祭でも上映された 。日本ではフランス映画祭2013で『ウェリントン将軍〜ナポレオンを倒した男〜』の題で上映された 後、2013年に一般公開された。その後、DVD化された際の邦題は『ナポレオンに勝ち続けた男 -皇帝と公爵-』。

 

バレリア・サルミエント英語版
脚本 カルロス・サボーガポルトガル語版
製作 パウロ・ブランコ
出演者 ヌーノ・ロペス英語版
ソライア・シャーヴェス英語版
マリサ・パレデス
ジョン・マルコヴィッチ
カルロト・コッタ英語版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

この映画に、ハリウッド映画のようなエンターテインメント性はない。このタイトルにあるウェリントンの登場シーンも少ないし、ナポレオンとウェリントンの火花を散らす壮絶な喧嘩を見たい場合は、お勧めできない。『ワーテルロー』で多少そういう映像を見ることができるから、そっちを見た方がいいだろう。だが、私はこういう映像があってもいいと考える。きれいごとではない醜い人の本性が露呈する、戦争という地獄。おそらく、地獄をイメージして描いているのだろう。ド派手な演出よりも、真実の実態にスポットライトを当てた、禍々しい戦争の実態である。そこには、決して戦争を正当化するべきではないという、製作者のメッセージが込められているように見える。

 

 

『この映画のジャンル』

『戦争映画』を実際にあった戦争一覧と共に見てみよう

 

『その他映画コンテンツ』