目次

『スターリングラード』 レビュー(感想)と考察

スターリングラード

ポスター画像出典:『映画.com

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

スターリングラード』(原題: Enemy at the Gates)は、2001年公開のアメリカドイツイギリスアイルランド合作の戦争映画ジャン=ジャック・アノー監督。上映時間 132分。

第二次世界大戦時にソビエト連邦狙撃兵として活躍し、英雄となった実在の人物ヴァシリ・ザイツェフを主人公に、当時のスターリングラード(現ヴォルゴグラード)における激戦(スターリングラード攻防戦)を描いたフィクション

 

監督 ジャン=ジャック・アノー
脚本 ジャン=ジャック・アノー
アラン・ゴダール
原作 ウィリアム・クレイグ
製作 ジャン=ジャック・アノー
ジョン・D・スコフィールド
製作総指揮 アラン・ゴダール
アリサ・テイガー
出演者 ジュード・ロウ
ジョセフ・ファインズ
エド・ハリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

スターリングラード(現ヴォルゴグラード)は、ドイツとソ連の境界線のようなものだ。厳密には違うが、そこを境界線として、戦争があるとそこで争うのである。第二次世界大戦で活躍したソ連の狙撃兵、ヴァシリ・ザイツェフは、実在する人物だ。だが、ドイツにも名狙撃手がいた。数少ない名スナイパー同士の戦いという観点で見る、戦争映画である。だが、注目ポイントはそこだけではない。キーワードは『スパイ』だ。この映画の階層を深くしているのは、あのスパイの子供だった。

 

私はこの映画の話をした時『あのラブシーンが超良くて♥』というコメントをされたことがあるが、私はその人とは価値観が合わないようだ。あの子供のインパクトが衝撃的過ぎて、そんなシーンの印象など焼き付いてはいなかった。

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『Amazonプライム』の2.5万本の5倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO

作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。

どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『戦争映画』を実際にあった戦争一覧と共に見てみよう

『スナイパー・狙撃手』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『スパイ』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』