目次

『硫黄島からの手紙』 レビュー(感想)と考察

硫黄島からの手紙

ポスター画像出典:『Yahoo!映画

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

硫黄島からの手紙』(いおうじまからのてがみ 、Letters from Iwo Jima)は、2006年アメリカ合衆国戦争映画である。『父親たちの星条旗』(Flags of Our Fathers)に続く、第二次世界大戦における硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた「硫黄島プロジェクト」の日本側視点の作品である。

劇中の栗林忠道陸軍中将手紙は、彼の手紙を後にまとめた『「玉砕総指揮官」の絵手紙』(栗林忠道・著 吉田津由子・編)に基づいている。

 

監督 クリント・イーストウッド
脚本 アイリス・ヤマシタ
原案 アイリス・ヤマシタ
ポール・ハギス
原作 栗林忠道
吉田津由子(編)
『「玉砕総指揮官」の絵手紙』
製作 クリント・イーストウッド
スティーヴン・スピルバーグ
ロバート・ロレンツ
製作総指揮 ポール・ハギス
出演者 渡辺謙
二宮和也
伊原剛志
加瀬亮
中村獅童

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

第二次世界大戦における硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた「硫黄島プロジェクト」の日本側視点の作品。多くの人はこの作品だけで一つの作品だと思っているが、実は『父親たちの星条旗』という、アメリカ側の視点で描いた硫黄島の戦いの映画があるのだ。山本五十六が死に、戦艦大和が沈没し、連合艦隊は壊滅した。1945年2月19日。もう終戦までわずか半年しかない。しかし、この硫黄島を落としたら敵に橋頭保を与えることになる。ここにアメリカの戦闘機が着陸すれば、敵の戦況がさらに優位になる。本土の為に、命がけで硫黄島を死守する日本人たちの行方はいかに。

 

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『Amazonプライム』の2.5万本の5倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO

作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。

どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『戦争映画』を実際にあった戦争一覧と共に見てみよう

 

『その他映画コンテンツ』