『ヒト』を最適化しよう。

『父親たちの星条旗』 レビュー(感想)と考察

父親たちの星条旗

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

父親たちの星条旗』(ちちおやたちのせいじょうき、原題: Flags of Our Fathers)は、2006年公開のアメリカ映画

クリント・イーストウッドが監督し、ジェームズ・ブラッドリー英語版ロン・パワーズ英語版によるノンフィクション本『硫黄島の星条旗』(原題: Flags of Our Fathers) をポール・ハギスらが脚色し、イーストウッドが率いるマルパソ・カンパニー英語版スティーヴン・スピルバーグが率いるドリームワークスらが制作した。第49回ブルーリボン賞第30回日本アカデミー賞で最優秀外国作品賞を受賞した。

 

監督 クリント・イーストウッド
脚本 ウィリアム・ブロイレス・Jr英語版
ポール・ハギス
原作 ジェームズ・ブラッドリー
ロン・パワーズ
『硫黄島の星条旗』
製作 クリント・イーストウッド
スティーヴン・スピルバーグ
ロバート・ロレンツ
出演者 ライアン・フィリップ
ジェシー・ブラッドフォード
アダム・ビーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

第二次世界大戦における硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた「硫黄島プロジェクト」のアメリカ側視点の作品。アメリカは、この硫黄島での戦いが、第二次世界大戦において最大の人的被害を被る戦いだった。すり鉢山を攻略することは、日露戦争で言う『二百三高地(旅順)』の攻略に等しく、ここを制覇することはこの島を制覇することに繋がる。しかし、日本人はそこを死守する。アメリカ軍も命を賭して前進する。実は、アメリカには全くお金がなかった。1929年に起きた世界恐慌以来、アメリカは金策に躍起にならなければならなかった。

 

アメリカ側のそうした事情を踏まえて真実を直視したとき、硫黄島に立てられたアメリカの星条旗は決して『英雄』の手によって建てられたのではなかった。戦争に勝った戦勝国に課せられた、内省すべきテーマがここにある。

 

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『Amazonプライム』の2.5万本の5倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『戦争映画』を実際にあった戦争一覧と共に見てみよう

 

『その他映画コンテンツ』