目次

『TOMORROW 明日』 レビュー(感想)と考察

『TOMORROW 明日』

ポスター画像出典:『映画.com

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

TOMORROW 明日』(トゥモロー あした)は、1988年8月13日公開の日本映画。製作会社はライトヴィジョン、沢井プロダクション、創映新社。原作は井上光晴の『明日―1945年8月8日・長崎』。「昭和20年8月9日午前11時02分」までの24時間の家族を描く戦争映画。

 

監督 黒木和雄
脚本 黒木和雄
井上正子
竹内銃一郎
原作 井上光晴
製作 鍋島壽夫
出演者 桃井かおり
南果歩
仙道敦子
黒田アーサー
佐野史郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

1945年8月。長崎のとある家庭では、平和な日常の延長線上で戦争時代に何となく突入したことによる、平和を引きずった生活が続いていた。つまり、戦争の準備が完全にできていないのだ。だからなるべく通常通りに生活する。それは、自分たちの生活への終着であり、しかしそういう深層心理までは理解しないまま、何となく日常が過ぎてしまうのである。できるなら、そのままの形で戦争が終わればいい。今はただ忍耐の時期で、ある程度我慢したらきっとまた明日が来る。誰もが心の中でそういう淡い期待を抱いた。だが…。

 

『この映画のジャンル』

『哀愁・惜別』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『戦争映画』を実際にあった戦争一覧と共に見てみよう

 

『その他映画コンテンツ』