『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

堤康次郎『私に言わせれば、煩悶のないことが、養生の秘訣である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

同じく、西武グループの元オーナーである堤義明は、彼の息子である。『煩悶(はんもん)』とは、思い煩い、悩み苦しむことである。それを考えると、彼に言わせなくても『養生』など当然、煩悶が無い方が良いに決まっている。

 

温泉や大浴場に入っている時には煩悶などない。大自然の中で入る露天風呂など、最高である。逆に、『煩悶のある養生』などあるのだろうか。夫婦、家族、役職、つまり、立場、人間関係、責任、これらの条件によってその自由度は決まってくる。だがどちらにせよ、リフレッシュをするというのなら、煩悶の一切ない空間と時間を確保することが、絶対軸である。

 

養生

 

幼いころから大浴場に行くことが当たり前だった私からすればすぐにイメージが湧くが、知らなかった人は、参考にするといいだろう。簡単な話ではあるが、効果は絶大である。何しろ私はその、幼少の頃から今に至るまで、そして恐らくこれからも、そういう休息方法を取る。更に『ストレス』について理解を深めるためには、下記に記載した黄金律を見るのが良いだろう。ありとあらゆる方向から、この記事の奥行きを増やす手伝いをしている。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『いつも心が愉快であることの、甚大な恩恵を知れ。』