『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ツヴァイク『偶然がまだ運命と同一に思われるのは、青春時代の始めだけである。後になれば、生の本当の道は内面によって規定されていたのだ、ということを知るようになる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

フランスの人間探究家、ジャン・ド・ラ・ブリュイエールは言った。

 

または、小説家、太宰治は言った。

 

あるいは、イギリスの詩人、ウィリアム・アーネスト・ヘンリーは言った。

 

ツヴァイクの言葉も含めて彼らの言葉を聞いていると、まるで『人間は前半と後半で意識が違う』と言っているようなものだ。その見解にとどめを刺すのが、ルソーのこの言葉である。

 

我々は『物心がつく』という概念はよく知っているはずである。だから実は、この『前半と後半』の概念についても、さらりと理解できるはずなのである。

 

かつて私が書いた『風林火陰山雷』では、『運試しをしてみせる時期』があったことについて書いたが、良くも悪くも、『前半』にいる人間とは、『勘違い』をしている。それを『正確に理解』し始めるのが『後半』なのである。自分の心が、その本を手に取らせたのだ。自分の心が、その足をゲームセンターに運ばせたのだ。自分の心が、そのキーワードを叩かせたのだ。全てのカギを握るのは自分。『インサイド・アウト』なのである。

 

『足るを知る者は富む。足るを知らぬ者は貧しい。』

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。』 『偶然に期待する人間は、支配される。』 『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』