『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ツルゲーネフ『「明日は、明日こそは」と、人はそれをなだめる。この「明日」が、彼を墓場に送り込むその日まで。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ドストエフスキートルストイと並ぶロシアの文豪、ツルゲーネフ。私のごく身近にも、『先延ばしの癖』が骨の髄にまで染みついた人間が居るからよーく理解るのだが、『明日やろうは、馬鹿野郎』なのである。

 

彼らは『やるべきこと』を先延ばしにし、『やりたいこと』を優先させている。『やりたいこと(権利)』ばかり主張し、『やるべきこと(義務・責務・使命)』を誤魔化して、偽るような人間は、当然のように『外部からの報酬』は得られない。『内部からの報酬』が出ているではないか。だから必要ないのだ。

 

やるべきことが『遊ぶこと』の場合もある。だから、『遊ぶべきではない』などとは一言も言っていないのだ。言っているのは、

『やりたいことではなく、やるべきことだ。』

 

ということであり、仕事を散々した後は、美味しい食事をして、家族や友人と団らんし、お風呂に浸かってゆっくり休み、英気を養うべきだ。しかし、彼らは短絡的に考える。

 

やりたいことをやって、何がいけないんだよ!

 

などと言って、まるで的外れの意見を主張し、自らを正当化する。彼らは、責任を先伸ばしにし、薄伸ばしにして見せることで、『日々の重圧』から少しでも解き放たれようと画策する『快楽主義者』である。全く考えただけでもその未熟さに腹が立つばかりだ。まるで、10代の私を見ているようで、腹が立つのだ。

 

カメラ

 

人が『助けたい』、『認めたい』と思う人間は、『自分の快楽を優先する人』ではない。『自分のことを一番最後に考えられる人』なのである。彼らは『悪循環』という負のループにハマっていることに気が付いていない。何しろ、人から認められ、評価されなければ快楽は得られない。しかし、快楽を欲してしまえば、それらは逆に遠ざかるだけなのである。

 

もちろん抜け出せる。なにせ、自分からそれにハマったのだから。しかし、『抜け出そう(自分は間違っている)』と決断しなければ、そのループは無限に、それは一生の間、続くだろう。

 

以前、とあるノンフィクションのヒューマンドキュメント番組を観た。彼はおよそ30年もの間、人生から逃げ回り、途上国に移住し、ろくに仕事もせず寝転がって生きながらえていたのだ。だが、番組をきっかけに、30年前に出来た親との溝・確執を解決しようと決意し、実に30年ぶりに日本の実家に戻った。

 

(…謝ろう。)

 

そう決意した彼が、実家のドアまで辿り着く。

 

しかし、応答がない。

 

なんと、彼の両親は亡くなっていたのである。

 

虚無

 

確かに人生は、やり直そうと思ったときにやり直せる。しかし、取り返しのつかないことがあるのも、事実なのだ。明日やろうは、馬鹿野郎だ。彼の人生を無駄にしないためにも、たった一度のこの人生。悔いの無いように、生きるべし。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『生きるのは過去でも未来でもない。『今』だ。』

同じ人物の名言一覧