『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

チャンドラ・ボース『独立の為なら悪魔とも手を握る。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ヒトラー、ムッソリーニ、東条英機のファシズム3巨頭と手を結び、ガンジーとは対照的に、武装闘争によってイギリスからの独立を勝ち取るべく、奮起したチャンドラ・ボース。簡単に言うが、外国であるドイツにわたってイギリスとの戦争を支持し、さらにドイツの潜水艦で、そのまた外国の日本に入国し、主要人物である東条英機に会い、独立支援を申し込む。

 

戦争中という混沌としたときに、この行動(リスク)を背負うことは、簡単なことではない。いや、 戦争が彼をそう突き動かしたのだ。争いや蹂躙に対抗し、決して力に屈しないよう願った男の、決意のこもった、力強い言葉である。

 

当時の人間には考えられない、今の時代を生きる私だからこう考えることができる。俯瞰で彼らを見ると、とても『必死』である。つまり、必死に生きようとしている。それはまるで、昆虫や動物たちと同じだ。別に、窮地に追い込まれなければ、悪魔とは手を握らない。人間以外の生命もみな同じだ。生きるため、繁殖をする為には、ときに手段を択ばない。そうやってみんな、必死にこの命を、一生を生きているのだ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』