『ヒト』を最適化しよう。

キリスト『光?闇?どちらが自分の未来を明るく照らすか、言うまでもない。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

つい先日、私の知人は類稀なる闇に堕ちた。彼には数々の忠告やサインがあったはずだ。だが彼は、それに聞く耳を持たなかった。過信したのだ。自分が有能で、知的であると装っていた。だから聞く耳を持たなかった。そういう人は、自分が無知で、無力であるということを知っている人より、虚しい。まずは自分の無知を認めることからすべてが始まるのだ。

 

スポーツもそう。勉強もそう。仕事もそう。この世のすべては、『自分にはまだ伸びしろがある』と思う心から、スタートするのだ。しかし、彼は違った。そして、まがまがしい金、権力、そして暴力に支配され、それによってすべてを失ったのだ。

 

よくある話ではないか。どこにでも転がっている話だ。映画であれば、1年に最低でも1度はそういう人間の人生が描かれる。彼の人生を通して何も考えられないのであれば、何をやってもダメだ。私は社員に、そう助言した。人間が求められているのは、『後始末』ではない。『前始末』なのである。

 

誰にでも心の中に『闇』はある。だが、同時に『光』もあるのだ。もし『闇』に支配されることが『弱き人間の典型』だと知れば、心の底からそれを理解すれば、たった一度の人生を無駄にしたくない人間のことだ、それに打ち克つエネルギーが湧いて出てくるはずだ。『膨張』と『成長』の違い、『ウサギとカメ』の教えの甚大さ、そして『無知の知』という知性の計り知れない恩恵を教えてくれた彼には、感謝しなければならない。

 

『刑務所の鉄格子の間から、二人の男が外を見た。一人は泥を眺め、一人は星を眺めた。』

 

生きている限り、人生を諦めるな。たった一度の人生に、悔いを残すな。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
ヨハネによる福音書 第12章。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧