名言を自分のものにする

広告

 


メタの世界


メタとは、『高次元』とか、『隠喩』という意味であり、 人間の中でもこの世界を意識し、支配できている人間は、一味も二味も違う。

 

一次元が、一方向しか在り得ない世界=例として、時間の世界、二次元が、縦横の二方向が存在する世界=例として、アニメの世界、三次元が、縦横に、高さが加わり、三つの次元が存在する世界=例として、実世界

 

という次元の考え方があるが、俗に使われるメタとは、四次元まではいかない、少し上の次元、さしずめ、3.2次元というところだろうか。

 

『メタメッセージ』とは、 例えばホームパーティの主催者が、

 

 

『今日は本当に楽しいパーティね。時間も忘れてしまうほど。 あら?でもすっかりこんな時間になってしまったのね。』

 

と言った場合に、この言葉の裏にあるもう一つのメッセージのことを指す。この言葉を聞いた多くの参加者は、その瞬間、時間を意識し、(そうだな楽しかった。だが、そろそろ時間だな。)と考えるだろう。つまり、メッセージの中に、もう一つのメッセージがあったのだ。

 

『皆さん、そろそろちょうどいい時間ですよね。』

 

これを、目に見えないもう一つの次元、そして隠された世界という意味で『メタ』。そしてこのメタで使用されているメッセージを、メタメッセージというのだ。

 

この場合主催者は、参加者を傷つけることなく、楽しい気持ちのまま、かつ、参加者に主体的に解散を言いだすように誘導することができる。『メタ』を操る人間とは、人として、配慮と計算の行き届いた、ワンランク上の世界に生きるのだ。

 

映画『レッドクリフ』で、天才軍師、諸葛亮孔明が見せた叡智、草船借箭の計(そうせんしゃくせんのけい)の話は以前書いたが、同じく天才軍師、『周瑜(しゅうゆ)』は、曹操の送りつけたスパイに対して、わざと酔ったフリをし、機密情報に見せかけた偽の情報をつかませ、見事に相手を錯乱させることに成功させた。

 

 

あれも、メタの世界での駆け引きである。周瑜は、『表面の勝利』を相手に譲り、『水面下の主導権』を獲った。一流のメタ使いは 『能ある鷹は、爪を隠す』という言葉の意味を知っている。

 

 

以前、ある知人がWEB上のプロフィールに、『俺は駆け引きが天下一品だ』と記載してしまっていたが、 自分の駆け引き力を誇示したいあまりに、『私は駆け引きをする人間です』 と手の内をバラしてしまっているのだから、これでは相手に警戒され、駆け引きにならない。『表面』にこだわってしまっては、脳のない鷹になってしまう。

 

プロの詐欺師や私服警官が『変装』するように、『相手の警戒レベルをいかに低くするか』 これが駆け引きを有利に運ぶための、絶対条件なのだ。 ミエに支配されているような人間は、メタも支配できない。

 

本物は、『メタ』の世界に生きているから、『表面』などで馬鹿にされても、何とも思わない。『ミエ』に支配されている人間は、馬鹿にされることに耐えられないので、つい『爪』をひけらかしてしまうのだ。

 

人は相手に対して、(そうあって欲しい)と、思い込もうとする。そして、(自分と対等か、あるいは劣っていて欲しい)と、思い込もうとする。それなら、後は『その人物』になりきるだけだ。周瑜も、『それ』がわかっていた。これが『メタの世界』である。

 

 


by:一瀬雄治 (Yuji Ichise)
1983年、東京都生まれ。


メタの世界

スポンサーリンク

広告

 

↑ PAGE TOP