名言を自分のものにする

広告

 


リヴァイアサン


旧約聖書に出てくる海の怪物。

イギリスの哲学者トマス・ホッブズは、この怪物をその著書の為のメタファーとして使った。

ホッブズは、人間はもともと『万人の万人に対する闘争』の状態にあったとした。

誰もが自らの生存をめざし、利益を図り、そのためには他人を犠牲にすることを厭わない。

そのような自然状態はあまりにも耐え難いので、人間はそのもともと持っていた自然な権利を『政府』に譲り渡す。

そして、政府に、自分の代わりに国益のために闘ってもらったり、守ってもらったりするのだ。

 

『本性』という表現に近いかもしれない。

我々は、この『リヴァイアサン(本性)』をどう扱うかが問われている。

茂木氏の『挑戦する脳』では、現代の世の中では、『リヴァイアサン性』を解放した人間が、結果を出しているという。

押し込め、『優等生』になり、優秀な人材が埋もれてしまうことを、懸念している。

 

 

 


by:挑戦する脳


リヴァイアサン

スポンサーリンク

広告


Warning: include(dai.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/inquiry/a-inquiry.com/public_html/knowledge/revaia.html on line 159

Warning: include(): Failed opening 'dai.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-5.6.30/data/pear') in /home/inquiry/a-inquiry.com/public_html/knowledge/revaia.html on line 159

 

↑ PAGE TOP