名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ツルゲーネフ 名言/格言

ツルゲーネフ

 

イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフとは(画像

ロシア作家。生誕1818年

 

ツルゲーネフ関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

ツルゲーネフの言葉


 

『ある一人の人間のそばにいると,他の人間の存在など全く問題でなくなることがある。それが恋というものである。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

ドストエフスキー、トルストイと並ぶロシアの文豪、ツルゲーネフ。ツルゲーネフが言うこの言葉と、ある脳科学者の言う言葉を照らし合わせてみる。『ヘロインをやっているときと、恋をしているときの脳の状態が、瓜二つなんです。』

>>続きを見る

 

『幸せでありたいというのか。まず苦悩することを覚えよ。』

 

カテゴリー:成功/幸福

ドストエフスキーは言う。『『人は自分が幸福であることを知らないから不幸なのである。』電力王、松永安左エ門はこう言っている。『実業人が実業人として完成する為には、三つの段階を通らぬとダメだ。第一は長い闘病生活、第二は長い浪人生活、第三は長い投獄生活である。このうちの一つくらいは通らないと、実業人のはしくれにもならない。』

>>続きを見る

 

『「明日は、明日こそは」と、人はそれをなだめる。この「明日」が、彼を墓場に送り込むその日まで。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

ドストエフスキー、トルストイと並ぶロシアの文豪、ツルゲーネフ。私のごく身近にも、『先延ばしの癖』が骨の髄にまで染みついた人間が居るからよーく理解るのだが、『明日やろうは、馬鹿野郎』なのである。

>>続きを見る

 

『人間には不幸か、貧乏か、勇気が必要だ。でないと人間はすぐに思いあがる。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

ある日のハーバードビジネスレビューで、平松宏之氏がこう書いていた。人が手掛けている以上、企業も生命体であり、春夏秋冬がある。青葉が茂り、花咲く『進化の時期』のみならず、色づいた葉が落ち、すべてが死んだようにひっそりとする 『深化の時期』も大切だ。

>>続きを見る

 

『金は天下のまわりものだ。いつもこちらを避けてまわるのが気にくわないが。』

 

カテゴリー:お金/資産

『金は天下の回り物』とは、金は一箇所にとどまるものではなく、常に人から人へ回っているものだから、今はお金が無い人の所にもいつかは回ってくるという励ましの言葉だ。

>>続きを見る

 

『子供は空を飛ぶ鳥である。気がむけば飛んでくるし、気にいらなければ飛んでいってしまう。』

 

カテゴリー:教育/愛情

年齢的な子供だけではない。精神的な子供で考えても、これは当てはまるのである『気が向いたら』とか『気が乗らない』という、『気分』で人生を生きているという人は、『大人』という枠組みから逸脱している印象がある。

>>続きを見る

 

『乗りかけた船には、ためらわずに乗ってしまえ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

まあこれは、『二度あることは三度ある』と、『三度目の正直』という言葉ぐらい、 時と場合によってその信憑性が変わる、ことわざレベルの言葉である。これによって一歩を踏み出せる人もいるし、眉ひとつ動じない人もいるだろう。

>>続きを見る

 

『女の愛を恐れよ。この幸福を、この毒を恐れよ』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

つまりこういうことだ。『嫉妬するほど愛が深い?何か勘違いしていないだろうか。』これは、キリストの言葉の超訳として私が書いた記事だ。

>>続きを見る

 

『情熱家より、冷淡な男のほうが簡単に女に夢中になるものだ』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

プーシキンが言ったのはこういう言葉だ。『女には冷淡にすればするほど、かえって相手から容易に好かれるものである。』だとしたら、とにかくキーワードは『冷淡』。つまり、そっけなく、その気が無いように振る舞っている人間。

>>続きを見る

 

『愛は死よりも、死の恐怖よりも強い。愛、ただこれによってのみ、人生は支えられ、進歩を続けるのだ』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

何しろ、『愛=神=真理』だ。これらはすべて、=である可能性が高い。だとしたら、愛が厳かで尊く、絶対不変であるということ、『神が心の中にいる』、『そこに神が芽生える』等の意味も全てつじつまが合う。

>>続きを見る

 

『私のために夕食の支度をして待っていてくれる女性がどこかにいたら、私は才能の全てを投げ捨てても悔いはない』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

しかし、それも一つの『才能』である。人間には様々な生き方がある。例えば、筆一本で食べていくことを決意した人間がいる。彼は、それをやるためだけに生きて、その他のことは犠牲にした。

>>続きを見る

 

『時の過ぎるのが早いか遅いか、それに気づくこともないような時期に、人はとりわけて幸福なのである』

 

カテゴリー:成功/幸福

人生を無邪気に生きていた時期がある。お腹が空いたら親にその旨を伝え、眠くなったらベッドに行き、観たいテレビアニメを一日中眺めて、母親の作ったスイーツを食べて、父親と犬と一緒に遊びまわり、家族旅行で海や山に行く。

>>続きを見る

 

『目下の者たちに少しも気兼ねしない者にかぎって、目上の者にはひどく気兼ねするのだ』

 

カテゴリー:知性/知恵

『気兼ね』というのは、気を使うという意味だ。つまり、自分よりも目下の人間に気を使えない人間は、自分の目上の者には、媚び諂い、機嫌を伺うのである。『利己主義』だということだ。

>>続きを見る

 

『疲れたら休むがよい。彼らもまた遠くは行くまい。』

 

カテゴリー:知性/知恵

私は正直、疲弊さえしなければ、永久に休みたくないタイプだ。例えば物も、一度に全部運んでしまうタイプなのだ。それは小さいときからそうだった。『コツコツ』、『地道』という言葉が嫌いなのだ。一気にやってしまうタイプなのである。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP