名言を自分のものにする

広告

 

> > >  >

 

スティーブ・ジョブズ 名言/格言(4ページ目)

 

 

『従業員4,300人以上を抱える20億ドルの企業が、ブルージーンズをはいた6人と競争できないとは信じがたい。』

 

カテゴリー:仕事/経営

しかしその6人の人間に敵わないかもしれない、と思うのであれば、考えられるのは、その4300人の『主体性の欠如』による『大企業病』的な『潜在能力の埋没』である。

>>続きを見る

 

『数字なんてどうにでも料理できる。信じればだまされてしまう。』

 

カテゴリー:知性/知恵

数字のトリックを使えば、魔法の様なことだって出来る。事実、それを使った手品師がいるぐらいだ。つまり、数字自体は正確だが、それを使う人間が虚ろなのである。

>>続きを見る

 

『何かを捨てないと前に進めない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

何かを捨てないと前に進めない。この言葉を裏打ちする為にうってつけの言葉がある。

>>続きを見る

 

『金のためにやってきたわけではない。買いたいものなんてすぐに尽きてしまう。』

 

カテゴリー:お金/資産

金の為に頑張ってきた人間ですら、金で埋められない虚無の存在を知っているという。ここに登場する人物よりも金を持つことが出来るだろうか。

>>続きを見る

 

『人生で何をしたいか、大学がどう役に立つのか見当もつかなかった。』

 

カテゴリー:教育/愛情

注目したいのは、ジョブズでもそういう時期があったということだ。だから他の一切の人間も、気に病む必要はないということ。誰もがそういう時期を経て、葛藤し、試行錯誤しながら模索し、自分の人生を確立させていくのだ。

>>続きを見る

 

『三ヶ月なんて頭は持っていない。一晩で成果を上げてほしい。』

 

カテゴリー:仕事/経営

どんなシーンかはわからないが、この言葉からわかるのは、『スピードの重要性』である。

>>続きを見る

 

『自分の居場所を自分でつくるんだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

自分ではなく、他人に居場所を作ってもらうことを考えた時、そこにあるのは例えば、『親の敷いたレール』である。

>>続きを見る

 

『失敗を覚悟で挑み続ける。それがアーティストだ。』

 

カテゴリー:芸術/音楽

そもそもその『失敗』は、本当に正しい認識かどうかだ。例えばエジソンなどは、

>>続きを見る

 

『私たちのゴールは、いついつまでにではない。最良の製品を生み出すのがゴールなのだ。』

 

カテゴリー:芸術/音楽

つまり、『ゴール』とは、『指定された日時』にあるのではない。『達成した日時』にあるのだ。

>>続きを見る

 

『パソコンを巡る戦争は終わった。済んでしまったことなのだ。 マイクロソフト社がずいぶん前に勝利を収めたのだ。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『私がアップル社の経営者なら、マッキントッシュをできるだけ利用する。そして次の実りある事業に取りかかる。パソコンを巡る戦争は終わった。済んでしまったことなのだ。マイクロソフト社がずいぶん前に勝利を収めたのだ。』

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP