名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

曹操 名言/格言

曹操

 

曹操とは(画像

中国皇帝。生誕紀元前155年

 

曹操関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

曹操の言葉


 

 

『月旦を以って、各自、欠点を省みよ。わたしも、必ずそれに目を通そう。』

 

カテゴリー:自己/精神

月旦(げったん)というのは、月の初めだから、月の初めに、各自が各々の欠点を省みて、それを今月に引きずらないように、今月は先月とは違う自分であるように、促しているわけだ。

>>続きを見る

 

『成功には、粘り強さより、大切なものはない。粘り強ければ、いかなる障害も越えられるから。』

 

カテゴリー:成功/幸福

成功には、粘り強さより、大切なものはない。粘り強ければ、いかなる障害も越えられる。つまり、コロコロと生き方を変えるのではなく、一度決めた道を淡々と歩き続ける。

>>続きを見る

 

『唯才有らば、是れを挙げよ。』

 

カテゴリー:自己/精神

ある説明には、『才能さえあれば、いかなる人物であっても用いる。たとえそれが犯罪の才能であっても。』

>>続きを見る

 

『快楽に溺れる人生ほど、詰らない人生はない。』

 

カテゴリー:自己/精神

まず考えるべきなのは、『詰まらない』という言葉の意味だ。これは普通に『つまらない』と、よく使うあの言葉と同じ意味である。『とりあげる価値がない。大したものではない』という意味なわけだ。

>>続きを見る

 

『危うきに乗じて、もって倖を求む。』

 

カテゴリー:知性/知恵

射幸的な考え方で持って、ハイリスクだが、ハイリターンを得ようという考え方は、血気盛んな野心溢れる人間なら、一度は頭をよぎる発想である。

>>続きを見る

 

『事業は、我がためより、他のためから、出発せよ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ここにあるのは『利己』と『利他』。松下幸之助は言った。『商売なんて、最初は無料で奉仕するつもりでやれ。』

>>続きを見る

 

『十セントを大切にしないから、十セントで雇われてしまうのだ。』

 

カテゴリー:お金/資産

どう考えたって、紀元前100年代を生きた中国の曹操が、『セント』という貨幣について語っているのはおかしい。だとすると、これはアメリカ人が訳したものを、日本人が訳した、という解釈になるわけである。

>>続きを見る

 

『将なる者、ときに、臆病であるべし。いたずらに、勇猛になるべきではない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『勇猛』と言う言葉は、勇気があって何も怖れないということだ。従って、『無謀』とは違う。曹操が言うのは、『無謀になるな』ということだ。それは人の上に立つ者の取るべき行動ではないからだ。

>>続きを見る

 

『金を手にして好い気になるのは、愚か者だけ。』

 

カテゴリー:お金/資産

『金は人の本性を変えない。金は人の本性を浮きだたせるだけである。』

>>続きを見る

 

『どんな職業でも成功すれば、妬みを買うものだ。』

 

カテゴリー:成功/幸福

最近ちょうどこの手のテーマについて考えていたところだ。作家、ダンサー、アイドル、芸人、アスリート、実に様々な対象を見て、私は考えを張り巡らせていた。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP